あるがままに生きる

~Live there, but remain~あるがままに「いま」を生きる

痛みと向き合う日々…②

2月末…
テレビの天気予報で春の嵐の予報が出ていて、
天気図の気圧配置が何となくヤバいと感じていた。

家でちょっと下を向いた瞬間、右のこめかみの上に
血管のドクンに合わせてズキンという痛みがした。
「何だろう?」と思ったけど、それ1回だったので、
その時はスルーしていた。

暫くして、また「ズキン」
時間が経つにつれて回数が増えてきた。
2日位したら、いつもの神経痛が始まったので、
「あの低気圧のせいかぁ」と思いながら薬を飲み始めたけど、いつものように効かず、痛みは酷くなっていった。

はじめの痛みが出てから10日…
我慢出来なくなり朝一で病院に行った
脳外科の頭痛外来にかかりMRIを撮ったら
さぁ大変!!単なる頭痛ではなくて「下垂体卒中」
もともと下垂体嚢胞があったんだけど、それが
腫瘍化(良性)して出血したとのこと…

数年前から食べ物・食べ方変えて、若い頃の不摂生を
浄化するべく、体には気を使ってきたけど、マジで
脳はノーマークだった(ToT)
幸い、直ぐに手術とかではないので、じっくり向き合っていく覚悟が自然と出来た。
でも、あの痛み「雷鳴頭痛」は半端ない(>д<*)
このまま死んでも良いと思った程の激痛だった。

痛み止は我慢出来ない時期に2回飲んだ。
あとは漢方薬と自然療法で徐々に回復。
痛み始めてから半月で、やっと家の中では普段通りの生活が出来るようになった。

何か有れば大学病院が付いてるので安心。
今回の事で、これからの生き方を考えた。
終活…決して早くはない、いつか終わる今を
どう生きるのか?考えることは…

この病、痛みと向き合って、前向きに歩むのみ(*’ー’*)ノ