あるがままに生きる

~Live there, but remain~あるがままに「いま」を生きる

終活

あの痛みが始まった日から1ヶ月経った
だいぶ体力が落ちたけど、ほぼ通常の生活が
出来るぐらいまで回復した

辛い痛みの最中、
「このまま死んでもいい」と思った自分と、
「絶対あきらめずに生きてやる」と思った自分が居た
そして「○活」って言葉が巷に溢れてる中で、
ふっと「終活」って文字が頭に浮かんできた

元々は、元気なうちに身辺整理や色々な決め事をしておいて、残された者に手間がかからないようにしておく事を表現したらしいが、近年では、人生を終える時迄どのように生きるのかも含まれるようになってきたらしい

身の回りの整理をしながら、まだまだ新たな事にも
挑戦したり、やり残しや悔いの無いよう日々を生きていこう…前を向いて(*’ー’*)ノ